Cookies on the DFA website

We use cookies to give the best experience on our site while also complying with Data Protection requirements. Continue without changing your settings, and you'll receive cookies, or change your cookie settings at any time.

Skip to main content

Embassy of Ireland Press Release

Ambassador of Ireland delighted to see Ireland-origin festival, Halloween a huge hit in Japan!

Commenting on all the decorations and costumes celebrating Halloween, Ireland’s Ambassador to Japan, Anne Barrington, said: “It is wonderful to think that an ancient tradition in Ireland has found a home here. It is, I think, yet another sign of the fundamental similarities between Irish and Japanese traditions”.

The Ambassador explained:
“Many millennia ago the Celts celebrated the end of the harvest season. It was a time when it was believed that the souls of the dead would arise from their graves, wander the countryside and return into their homes. These souls took the form of ghosts, fairies, goblins and demons. The living left out food and drink to keep them happy. They dressed up to disguise themselves so the demons would not recognise them.

This Celtic custom of Halloween continues to be celebrated in Ireland, where it is known in our native language as Samhain. Christianity tried to change our belief in ghosts, fairies and demons but never succeeded fully. Then, with the great waves of emigration from Ireland in the middle of the 19th Century, Irish immigrants to the United States brought the custom with them.

Now, I am happy to see that this ancient tradition has spread to Japan. It is yet another link between our two great countries. I hope we can share with Japan our traditions and festivals on this holiday.

On the night when the souls of dead are said to stalk the land … I wish all in Japan a Happy Halloween”.

ENDS

アイルランド発祥のお祭り・ハロウィーンの日本での広がりについて
(駐日アイルランド大使コメント)

アイルランド大使アン・バリントンは、ハロウィーンを祝う装飾や仮装の広がりを目にして、「古代アイルランドの伝統が日本で祝われているのは大変素晴らしいことです。また、アイルランドと日本の伝統には根本的な類似性があることの証でもあると思います。」と述べています。

大使は次のように説明します。
「数千年前、ケルト人は収穫期の終わりを祝っていました。この時期は死者の魂がよみがえり、地方をさまよって生家に戻ると信じられていました。死者の魂は幽霊や妖精、ゴブリン、悪魔の姿をしており、彼らが家に戻ってきた時に機嫌を損ねないよう、人々は食べ物や飲み物を出しておきました。また、自らも悪魔の仮装をして、彼らに気づかれないようにしていました。

このケルト人の慣習であるハロウィーンは現在もアイルランドで祝われており、アイルランド語で『サワン(Samhain)』の名で知られています。キリスト教が伝えられた際、その教えは幽霊や妖精、悪魔に対する信仰を否定しようとしましたが、完全には成功しませんでした。そして、19世紀半ばに多くのアイルランド人が海外へ移民した時に、ハロウィーンがアメリカに伝えられたのです。

現在、このアイルランドの古い伝統が日本にまで伝わっていることを嬉しく思います。両国をつなぐものの一つとなっています。このハロウィーンに、私どもの伝統を日本の方々と共有できれば幸いです。

ハロウィーンの夜には死者の魂が忍び寄ると言われています・・・日本の皆様に、“ハッピー・ハロウィーン!”」

以上