Cookies on the DFA website

We use cookies to give the best experience on our site while also complying with Data Protection requirements. Continue without changing your settings, and you'll receive cookies, or change your cookie settings at any time.

Skip to main content

Minister for Public Expenditure and Reform, Mr Brendan Howlin visit to Japan

The Irish Minister for Public Expenditure and Reform, Mr Brendan Howlin, will visit Japan between 10-18 March 2015.

His visit takes place in association with events all over Japan marking Ireland's National Day, Saint Patrick's Day.

Minister Howlin will visit Tokyo and Osaka, where he will have meetings with Irish trade and investment partners and communicate key aspects of Ireland's economic recovery. He will also attend the Sendai UN Disaster Risk Reduction Conference on Saturday 14 March.

On 18 March, Minister Howlin will attend the signing of an MOU between Josai University and the University of Limerick, in Ireland. At Josai University he will also deliver a lecture entitled "The Importance of Reform in Ireland’s Economic Recovery” Full details are avalable.

Minister Howlin will also meet Japanese Government representatives and members of the Japan-Ireland Parliamentary Friendship League.

In advance of travelling, Minister Howlin stated: "The St Patrick's Day Programme is a unique occasion for Irish ministers to engage in meetings abroad and to further boost trade, investment, tourism and education services and links. I am very much looking forward to my visit to Japan and to sharing Ireland's story of economic recovery and far-reaching, sustainable reform of the Public Service".

Welcoming the visit, the Ambassador of Ireland, Anne Barrington said: "Saint Patrick's Day offers an important opportunity for Ireland to reach out to our trade and business partners in Japan, as well as the Irish community and our cultural networks here. Ireland has made a remarkable recovery over the past few years. This recovery continues to underscore our stronger than ever trade and business links with Japan".

アイルランド経済再生・公共支出改革省 ブレンダン・ハウリン大臣来日 2015 年3 月10 日~18 日

3 月10 日から18 日にかけ、アイルランド経済再生・公共支出改革省からブレンダン・ハウリン大臣が来日します。

大臣は、日本各地でも様々な記念行事が行われる「セント・パトリックス・デー」(アイルランドのナショナルデー、3 月17 日)に合わせて来日します。

滞在中、大臣は東京と大阪を訪問し、通商・投資関係のビジネスパートナーと、アイルランドの経済再生における重要な側面について会談する予定です。また、3 月14 日には仙台にて国連防災世界会議に出席します。

3 月18 日には、ハウリン大臣は城西大学とアイルランドのリムリック大学間の学術交流協定書の調印式に参加し、アイルランドの経済状況と再生についての基調講演を行う予定です。

ハウリン大臣は日本の政府や、日本アイルランド友好議員連盟所属の議員の方々と面会します。

訪日に先立ち、ハウリン大臣は次のように述べています。「私どもアイルランドの大臣職に就く者は、セント・パトリックス・デーにあたり、海外で会議に参加し、通商・投資・観光・教育サービスなどにおける関係を促進する、というユニークな任務にあります。私は、日本を訪れ、アイルランドの経済再生や公共サービスのより持続可能な改革についてお伝えできることを楽しみにしております。」

ハウリン大臣の来日を歓迎し、駐日アイルランド大使アン・バリントンは次のように述べています。「セント・パトリックス・デーは、日本のアイルランド人コミュニティーや文化的なネットワークはもちろん、アイルランドが日本の通商・ビジネスパートナーとの輪を広げるチャンスを与えてくれます。アイルランドはここ数年で目覚しい経済再生に成功し、日本との通商・ビジネス関係は更に強くなっていくことでしょう。」