Cookies on the DFA website

We use cookies to give the best experience on our site while also complying with Data Protection requirements. Continue without changing your settings, and you'll receive cookies, or change your cookie settings at any time.

Skip to main content

Visit by Minister Paschal Donohue T.D.

Visit by Minister Paschal Donohue T.D., Minister for Public Expenditure & Reform. 16-19 March 2017

Ireland's Minister for Public Expenditure and Reform, Mr. Paschal Donohue, will visit Japan between 16-19 March.

His visit is in association with events in Japan marking Ireland's national day, St. Patrick's Day, and marks 60 years of diplomatic relations with Japan.

During his stay, Minister Donohue will have meetings with Irish trade and investment partners and make the keynote speech "Ireland's perspective on the future of the EU: Brexit and beyond" at a seminar organised by JETRO.

The Minister is scheduled to meet his Japanese counterpart, Minister Nobuteru Ishihara, Minister for Economic Revitalization; Reform of Social Security and Tax; Economic and Fiscal Policy.

On 17 March, Minister Donohue will address an audience of academic, media and professional contacts at a seminar organised by the EU to mark the 60th Anniversary of the Treaty of Rome.

Minister Donohue will attend a number of community events marking St. Patrick's Day in Japan, a highlight of which will be a reception organised by the Embassy for the Irish Community and friends of Ireland marking the 60th Anniversary of Diplomatic Relations with Japan.

As part of the St. Patrick's Day celebrations, the Minister will officially open the 'I live Ireland Festival' at 1pm on Saturday, 18 March. The festival is an outdoor event in central Tokyo on 18 and 19 March, at which 100,000 people are expected to attend. The 'I Love Ireland Festival' is one of over 20 events held around Japan in March this year including Tokyo's flagship Parade, which is in it's 25th year.

In advance of travelling, Minister Donohue stated: "St. Patrick's Day is a unique occasion for Irish Ministers to support achievements abroad in trade, investment, tourism and education sectors. I am looking forward to visiting Japan, meeting with political and business counterparts as well as members of the thriving Irish community and our many Japanese friends. Japan and Ireland mark an important milestone in their relations this year and it will be an honour to be a part of those events".

Welcoming the visit, the Ambassador of Ireland to Japan, Anne Barrington, said: "St. Patrick's Day is becoming increasingly popular in Japan, and there is no better time to reach out not only to our networks but also to the Japanese population at large and to communicate our key messages, including vital information on Ireland's economy, our place at the heart of the European Union and our openness to trade."


アイルランド経済再生・公共支出改革省パスカル・ドノフー大臣来日. 2017 年3 月16 日~19 日

3月16日から19日にかけ、アイルランドよりパスカル・ドノフー経済再生・公共支出改革大臣が来日します。

ドノフー大臣の来日は、アイルランドのナショナルデーである「セント・パトリックス・デー(3月17日)」と、アイルランド‐日本外交関係樹立60周年を記念するものです。

滞在中ドノフー大臣は、アイルランドの貿易・投資パートナーである日本企業との会談のほか、ジェトロ(日本貿易振興機構)主催のセミナーで基調講演「アイルランドの視点から見るEUの将来~ブレグジットの先にあるもの~」を行います。

また、ドノフー大臣は、石原伸晃経済再生担当大臣(社会保障・税一体改革担当大臣、経済財政政策担当大臣)との会談を予定しています。

3月17日には、駐日欧州連合代表部主催の「ローマ条約調印60周年記念東京セミナー」において学術、報道、企業関係の方々を対象に基調講演を行います。

ドノフー大臣は、セント・パトリックス・デーを記念した様々な行事に出席します。そのハイライトは、駐日アイルランド大使館主催、在日アイルランド人コミュニティと関係者を対象とした祝賀レセプションです。これは同時にアイルランド‐日本外交関係樹立60周年の記念行事でもあります。

また、ドノフー大臣は、3月18日13時より東京・代々木公園で「アイラブアイルランド・フェスティバル」の総合開会式に登壇します。このイベントは3月18日・19日の2日間開催、のべ10万人の観客動員を見込んでいます。この他にも3月の一ヵ月間に渡って日本全国で20以上のセント・パトリックス・デー関連行事が予定されており、セント・パトリックス・デー・パレード東京(3月19日、原宿・表参道)は25周年を迎えます。

来日に先立ち、ドノフー大臣は次のように述べています。
「セント・パトリックス・デーとは、アイルランドの大臣にとって、通商・投資・観光・教育といった分野における海外での功績を支える独特の機会です。今回の日本訪問で、政治・経済のパートナーの方々、活動的な在日アイルランド人コミュニティや日本の友人の皆様にお目にかかることを大変楽しみにしております。日本とアイルランドは今年、両国の関係において重要な節目を迎えますが、その一部に加わることができるのは光栄です。」

ドノフー大臣の来日を歓迎し、アン・バリントン駐日アイルランド大使は次のように述べています。
「セント・パトリックス・デーは、日本でも急速に知名度が高まっています。この機会に、私どもの既存のネットワーク内だけでなく、広く日本の皆様方に、アイルランド経済の情報、欧州連合の中核に位置するアイルランドの立場、開かれた貿易など、アイルランドの重要なメッセージをお伝えしたいと考えております。」