Skip to main content

Ambassador of Ireland wishes everyone in Japan a Happy Halloween!

Halloween is an ancient Irish Celtic festival celebrating the end of the harvest season

Happy Halloween

‌Mr Paul Kavanagh, Ambassador of Ireland, recalls the Irish roots of Halloween.

“Halloween is an ancient Irish festival that happily in recent years has gone global, including here in Japan”.

“Halloween – or Samhain, in the Irish language, meaning summer’s end – was celebrated in Ireland by the ancient Celts for many thousands of years. The end of the harvest was marked with a special festival of fires, feasts and pagan ceremonies”.

According to ancient beliefs, Samhain is a time when the barrier between our world and the afterlife narrows, and the souls of the dead arise from their graves, wander the countryside and return to their “former” homes. These souls take the form of ghosts, fairies, goblins and demons. Irish Celts would leave out food and drink to keep them happy. People dressed up in scary costumes to blend in with and disguise themselves from the demons; thus attired, they visited neighbouring houses where they were given some sweets and ‘soul cakes’. As Christian beliefs came later to Ireland, these somehow co-existed with many different supernatural beliefs and the festival continued in popularity.

With the great waves of emigration from Ireland over past centuries, Irish people in huge numbers brought these Halloween traditions to the United States and elsewhere, leading to their worldwide popularity. In Japan too, people of all ages have embraced Halloween.

(c) Causey Farm

‌©Causey Farm


Halloween is still celebrated traditionally in Ireland. In homes around Ireland, children prepare for Halloween weeks beforehand, planning costumes and games. When the day comes, the evening meal includes a traditional cake, Barmbrack with some hidden surprise for a lucky person. A prize such as a ring will foretell a marriage. Traditional games and story-telling provide fun for all the family. Many communities plan a large bonfire for the dark wintry evening.

Famous festivals for Halloween also take place in the cities of Derry and Dublin and in County Meath, drawing large crowds, although recently these were cut back due to challenges of the Covid-19 pandemic.

(c) Puca Festival

‌©Púca Festival

The Ambassador continued: “Oíche Shamhna is a special night for people of all ages. Even if this year you are entering the spirit of Halloween at home; and whether or not you are dressed up in a scary costume to avoid the wandering sprits who stalk the land, ‘Happy Halloween’ , from Ireland, the Festival’s original ancient home!”

ENDS

[Embassy website and social media]
Look at the Embassy’s social media platforms to see traditional Halloween stories, games and recipes throughout the month of October.
Website: http://www.dfa.ie/japan
Twitter: https://twitter.com/IrishEmbJapan, https://twitter.com/IrishEmbJapanEN
Facebook: https://www.facebook.com/irelandinjapan
Instagram: https://www.instagram.com/irelandinjapan/
Animated Halloween video: https://twitter.com/IrishEmbJapan/status/1451835795543842819

Home of Halloween

[Celebration at home in Ireland]
On Friday 22 October, Ambassador Kavanagh invited Mr Ken Hasebe, Mayor of Shibuya, to experience a traditional Irish home Halloween at home at the Embassy. Ambassador served traditional Irish barmbrack, showed videos of Halloween games, and guests enjoyed story-telling of Lafcadio Hearn’s ghost story Hoichi the Earless accompanied on the harp. The Embassy collaborated with Shibuya Tourism Association’s ‘Home Halloween’ campaign: http://play-shibuya.com/shibuyahalloween/

Residence

[Irish Halloween highlights in Japan]
Autumn Celtic Market (Saturday, 30 October 2021)
Venue: Toyosu Civic Centre
Organised by Music Plant, music, Irish animated film screening and specially imported Irish goods on sale to brighten your winter days!
Website: http://www.mplant.com/celticmarket/index.html

Celtic Market

Kyojin Irish Culture Week (Monday, 1 November – Friday, 5 November)
Venue: Online and Kyojin Stewhouse in Togoshiginza, Tokyo. Events include:
Grass-fed Irish Lamb Collaboration, virtual Brewery Tour (Belfast Lager?), Tasting & Conversation. Irish Nihonga Workshop: Introduction to “Animals from the Book of Kells” and Irish Ghost Story Reading by Yoko Watanabe.
Website: https://www.kyojin-company.com/Events/7th-kyojin-irish-culture-week

Kyojin Irish Culture Week

[Halloween events taking place in Ireland]
Spine-tingling festivals in the home of Halloween! As the land of ancient Celtic traditions, wailing banshees, haunted happenings, the creator of Dracula and tricks, treats and festivals galore, the island of Ireland is a bewitching destination at Halloween time.

National Museum of Ireland

‌©National Museum of Ireland

 

Derry Halloween (29-31 October 2021, Derry, Northern Ireland)
This event has become the most exciting Halloween celebration in Europe, with the readers of USA Today voting it as the number one Halloween destination in the world. Derry Halloween is now an unmissable, bucket list event, with people from around the world – not to mention the otherworld – flocking there to enjoy a spectacular festival fusing ancient myth and cutting-edge culture.
Website: http://derryhalloween.com/

Derry

‌©Gardiner Mitchell

 

Púca Festival (23-31 October 2021, County Meath and County Louth)
These counties in the heart of Ireland’s Ancient East will celebrate Ireland as the original birthplace of Halloween with music, storytelling, projection mapping, food and drink.
Website: https://www.pucafestival.com/

(c) Puca Festival

‌©Púca Festival

 

[Halloween Culture in Ireland]
Bram Stoker
The author of Dracula was born in Dublin. His achievements are celebrated throughout the city in Halloween season.
Dublin and Bram Stoker the author of Dracula: https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/news-and-events/newsarchive/dublin-and-bram-stoker-the-author-of-dracula-.html

Traditional recipes associated with Irish Halloween Barmbrack
Article: https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/news-and-events/newsarchive/barmbrack.html
Recipe video: https://youtu.be/65u4bZ5XxC8

Barmbrack 

Introduction to Halloween food
Article: https://ippin.gnavi.co.jp/article-11543/

Traditional Irish Halloween games
Apple bobbing and snap apple are popular games in Ireland.
Video: https://youtu.be/J-QzSZgXloE

Spirits and Ghosts in Ireland
Stories of the Púca, water horse, and the Banshee have been handed down.

(c)Allen Kiely Photography/Púca Festival

‌©Allen Kiely Photography/Púca Festival

 

[Media Coverage]
NHK Gretel no Kamado, ‘Ireland’s Halloween’
First on-air: Monday, 18 October 2021
Ambassador Kavanagh introduced Barmbrack. Available NHK on Demand until Monday, 1 November 2021.
Website: https://www.nhk.jp/p/kamado/ts/VNWVWYKX3Q/episode/te/R13W7W5QYG/
NHK on demand: https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2021116368SA000/

NHK Radio 1 Chikyu Radio, ‘Ireland’s Halloween’
On air: Sunday, 24 October 2021
Embassy joined Ireland National Tour Guide Naoko Yamashita to introduce Halloween in Ireland. Listen back until 8pm, Sunday, 31 October 2021 Website: https://www4.nhk.or.jp/gr/33/

 

駐日アイルランド大使から日本の皆様へ、ハッピー・ハロウィーン!

~ハロウィーンは、収穫期の終わりを祝う古代アイルランド・ケルト人のお祭りです~

アイルランド発祥のハロウィーンを祝し、駐日アイルランド大使ポール・カヴァナがメッセージを送ります。

ハロウィーンは、アイルランド語で「夏の終わり」を意味する古代アイルランドのお祭り「サウィン(Samhain)」が起源です。何千年も前の古代ケルト人たちは、収穫期の終わりを焚き火、饗宴、異教徒の儀式で祝っていました。喜ばしいことに、近年は日本を含む世界規模でハロウィーンが祝われています。

古代の人たちは、サウィンを現世と来世を分ける境界が弱まる時と捉え、死者の魂が墓からよみがえり、地方をさまよって生家に帰ると信じていました。死者の魂は、幽霊や妖精、ゴブリン、悪魔などの姿をしており、彼らが家に戻ってきた時に機嫌を損ねないよう、当時の人々は食べ物や飲み物を出し、自らも不気味な仮装をして身を隠していました。また、彼らは近所の家々を訪ね、「ソウルケーキ」と呼ばれるお菓子などをもらって回りました。後にキリスト教がアイルランドに伝わり、何らかの形で数々の超自然的思想と共存し、このお祭りの人気は維持されました。

そして、過去2世紀にわたるアイルランドからの移民に伴い、このハロウィーンの伝統がアメリカに伝えられ、世界的な人気へと発展することとなったのです。ここ日本でも、あらゆる年代の方々がハロウィーンを受け入れてくださっています。

現代のアイルランドでもハロウィーンは伝統に則って祝われています。アイルランド中の家庭では、子どもたちがハロウィーンに先立ち、仮装やゲームの準備をします。当日は、夕食時にバーンブラックと呼ばれる伝統的なケーキを食べるのがお決まりです。様々なものを中に仕込んで焼き上げており、切り分けて食べた時に出てきたものでその人の運勢を占います。例えば、指輪が出てきた人は、1年以内に結婚することを意味します。このように、伝統的なゲームは家族皆で楽しむことができます。また、多くのコミュニティでは、この暗い冬の夜に大きな焚き火を予定しています。デリー、ダブリン、ミース県は、多くの人たちが集まるハロウィーンのフェスティバルで有名ですが、この数年は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、小規模またはオンラインでお祝いしています。

ハロウィーンの夜は、あらゆる年代の人たちにとって特別なものです。家でハロウィーンを楽しむ場合でも、地上をさまよう死者の魂から身を隠すため、怖い仮装をするかどうかはあなた次第。ハロウィーン発祥の地アイルランドから皆様へ、ハッピー・ハロウィーン!

以上


【ウェブサイト・ソーシャルメディア】
当館のソーシャルメディアでは、10月を通してハロウィーンの伝統、ゲーム、料理などをご紹介しています。
ウェブサイト: https://www.dfa.ie/japan
Twitter: https://twitter.com/IrishEmbJapan, https://twitter.com/IrishEmbJapanEN
Facebook: https://www.facebook.com/irelandinjapan
Instagram: https://www.instagram.com/irelandinjapan
アニメーション動画「アイルランド ハロウィーン発祥の地」: https://twitter.com/IrishEmbJapan/status/1451835795543842819


【アイルランドにおける家庭でのハロウィーンの祝い方】
10月22日(金)、長谷部健渋谷区長を大使公邸にお招きし、アイルランドにおける家庭でのハロウィーンの祝い方についてご紹介しました。バーンブラックやクッキーなどのお菓子、アップル・ボビングやスナップ・アップルといったゲームの動画、小泉八雲の著した怪談『耳なし芳一』の語りとハープの演奏をお楽しみいただきました。また、一般財団法人渋谷区観光協会のハロウィーン特設ウェブサイトには、アニメーション動画「アイルランド ハロウィーン発祥の地」とハロウィーンぬり絵をご掲載いただきました。
一般財団法人渋谷区観光協会のハロウィーン特設ウェブサイト: http://play-shibuya.com/shibuyahalloween/


【日本におけるアイルランドのハロウィーン関連情報】
「秋のケルト市~ケルトの冬支度~」(2021年10月30日(土))
会場:豊洲シビックセンター ホール(5F)、サブレクホール(7F)
2017年より、ケルト文化圏の音楽や食、手仕事などを紹介しているイベントです。今年は、映画、音楽、食、文学、クラフトなどを通して、アイルランド文化の紹介を予定しています。
ウェブサイト: http://www.mplant.com/celticmarket/index.html


「巨人アイリッシュカルチャーウィーク」(11月1日(月)~5日(金))
会場:オンライン、巨人のシチューハウス(東京・戸越銀座)
グラスフェッド・アイリッシュラム コラボレーション、醸造所バーチャルツアー&試飲会・対談、日本画ワークショップ「日本画で描くケルズの書の動物たち」、渡辺洋子さんによるアイルランドのケルティック・ゴーストストーリーと小泉八雲の怪談話の朗読会を予定しています。
ウェブサイト: https://www.kyojin-company.com/Events/7th-kyojin-irish-culture-week


【アイルランドで開催される主なハロウィーンイベント】
ハロウィーン発祥の地では、背筋が凍るようなフェスティバルが予定されています。古代ケルトの伝統、人の死を察して
悲嘆の声を上げるバンシー、幽霊による怪奇現象、小説『ドラキュラ』の作者、いたずら、お菓子、多くのフェスティバ
ル。それらを有するアイルランド島は、ハロウィーンシーズンに訪れたい魅力的な場所です。


デリー・ハロウィーン(2021年10月29日(金)~10月31日(日)、デリー)
デリー・ハロウィーンは、アメリカの全国紙『USA Today』が実施した読者投票により「ハロウィーンに訪れたい場所世界No. 1」に輝き、ヨーロッパで最もワクワクするハロウィーンイベントの地位をゆるぎないものにしました。古代の伝説と最先端の文化が融合したこのフェスティバルは、異界からの死者の魂はもちろん、世界中の人たちをも魅了しています。
ウェブサイト: http://derryhalloween.com/ 


プーカ・フェスティバル(2021年10月23日(土)~31日(日)、ミース県・ラウス県)
今年のプーカ・フェスティバルでは、音楽、伝承、プロジェクションマッピング、食べ物や飲み物などに関するプログラムを予定しています。
ウェブサイト: https://www.pucafestival.com/


【ハロウィーンに関するアイルランド文化】
ブラム・ストーカー
『ドラキュラ』の作者ブラム・ストーカーは、ダブリンで生まれました。ハロウィーンには、街中で彼の功績が称えられます。
ダブリンと『ドラキュラ』の作者ブラム・ストーカーについて: https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/news-and-events/newsarchive/dublin-and-bram-stoker-the-author-of-dracula-.html


伝統的なハロウィーン料理
バーンブラック
記事: https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/news-and-events/newsarchive/barmbrack.html
レシピ動画: https://youtu.be/65u4bZ5XxC8


その他の料理・お菓子
記事: https://ippin.gnavi.co.jp/article-11543


伝統的なハロウィーンゲーム
水に浮かべたりんごを口だけで取り出す「アップル・ボビング」や、糸でつるしたりんごを口だけで取る「スナップ・アップル」など、りんごを使ったゲームが人気です。
動画: https://youtu.be/J-QzSZgXloE


アイルランドの妖精・幽霊
アイルランドでは、ハロウィーンの時期に活動が活発になる「プーカ」、邪悪な水中の生き物「ウォーター・ホース」、人の死
を察して悲嘆の声を上げる「バンシー」など、多くの妖精や幽霊のお話が語り継がれています。


【メディア情報】
NHK Eテレ/総合「グレーテルのかまど」
2021年10月18日(月)初回放送「アイルランドのハロウィーン」
カヴァナ大使が、バーンブラックについてご紹介しました。NHKオンデマンドの見逃し配信は、2021年11月1日(月)までです。
ウェブサイト: https://www.nhk.jp/p/kamado/ts/VNWVWYKX3Q/episode/te/R13W7W5QYG/
NHKオンデマンド: https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2021116368SA000/


NHKラジオ第1「ちきゅうラジオ」
2021年10月24日(日)放送
当館職員とアイルランド公認ナショナルツアーガイドの山下直子さんが、アイルランドのハロウィーンについてご紹介しました。聴き逃し配信は、2021年10月31日(日)20時までです。
ウェブサイト: https://www4.nhk.or.jp/gr/33/

 

« Previous Item |