Skip to main content

Ambassador of Ireland looks forward to Ireland/ Japan Rugby Test Match on Saturday 3 July, 2021

The game will take place in Dublin on 3 July and will be the first time for the two sides to meet since the RWC match at Ecopa Stadium in 2019.
Kick-off on 3 July is at 21.00 Japan Standard Time, this Saturday, 3 July, 2021

Mr Paul Kavanagh, Ambassador of Ireland, says that the entire Team Ireland in Japan hopes that everyone will enjoy the Ireland v Japan game at the Aviva stadium in Dublin on 3 July 2021.

He said: "Everyone in Ireland is looking forward to welcoming the very popular and accomplished Japan National Rugby team to Dublin this weekend.

This will be the first encounter between Ireland and Japan since the extraordinary game during the group stages at Rugby World Cup 2019 in Ecopa Stadium, Shizuoka, Japan. Although Ireland lost then, everyone agreed that Japan were worthy winners".

"Tens of thousands of Irish rugby supporters travelled to Japan in 2019 to enjoy the great occasion of the World Cup and brought back home with them wonderful memories of this country and of the exceptionally warm welcome that they received from the people of Japan".

"Since then, the Embassy of Ireland in Tokyo has been building links with the Japan Rugby/ JRFU and community-based organisations, especially in Shizuoka and the city of Fukuroi, where the Japan v Ireland game took place in 2019. Building on this, in the summer of 2021, Fukuroi City will host 'Team Ireland' for the pre-games (Olympics) training period".

"Rugby is about respect, including for opponents, elders and mentors. We look forward to building our sporting links with Japan, based on these strong pillars.

This weekend’s match in Dublin will be a moment to renew the bonds of friendship between Ireland and Japan which were strengthened so much during RWC 2019"

I wish both teams well this Saturday; may the better team win!"


駐日アイルランド大使、ラグビーテストマッチ
アイルランドvs日本(7月3日・ダブリン)に期待を寄せる

ラグビーワールドカップ2019日本大会以来となる対戦が実現!
キックオフ:2021年7月3日(土)日本時間21:00

2021年7月3日、ラグビーアイルランド代表と日本代表がダブリンのアビバ・スタジアムで対戦します。駐日アイルランド大使ポール・カヴァナをはじめ、日本のチーム・アイルランド(駐日アイルランド大使館と日本に拠点をもつ各政府機関)一同、皆様とともに試合の開催を楽しみにしております。

カヴァナ大使は次のように述べています。

「人気と実力を兼ね備えたラグビー日本代表チームをダブリンにお迎えすることができ、アイルランド国民は今週末を大変楽しみにしております。

アイルランドと日本の対戦は、ラグビーワールドカップ2019日本大会のプール戦、静岡のエコパスタジアムで行われたあのセンセーショナルな試合以来となります。アイルランドは敗れましたが、誰もが日本が勝者にふさわしいと認める試合でした。

2019年には、ワールドカップという最高の大会を楽しむために、何万人ものラグビーサポーターがアイルランドから来日しました。日本の方々が大変あたたかく歓迎してくださり、彼らは素晴らしい思い出とともに帰国することができました。

それ以来、駐日アイルランド大使館は、日本ラグビーフットボール協会や、2019年の対戦の地である静岡県と同県の袋井市をはじめ、各地の団体の皆様とのつながりをさらに強めております。袋井市ではこの夏、東京2020オリンピック競技大会のアイルランド代表選手団の事前キャンプが行われる予定です。

ラグビーは、対戦相手、年長者、指導者などに対するリスペクトの精神に基づくスポーツです。アイルランドと日本のスポーツを通じた連携も、こうしたリスペクトの精神を柱として、強化していきたいと考えております。

今回の対戦は、ラグビーワールドカップ2019日本大会で深まったアイルランドと日本の友情の絆をさらに深める機会となるでしょう。

両チームの健闘をお祈りします!」

 

« Previous Item |