Skip to main content

Cookies on the DFA website

We use cookies to give the best experience on our site while also complying with Data Protection requirements. Continue without changing your settings, and you'll receive cookies, or change your cookie settings at any time.

Ireland wins seat on United Nations Security Council

Ireland this evening was elected to the United Nations Security Council and will now take a seat on the 15-member body in 2021 and 2022. Ireland campaigned on the themes of Partnership, Empathy and Independence as the key attributes that our country brings to its engagement with the UN and which will drive our work on the Security Council.

Speaking after the result was announced in New York, the Taoiseach Leo Varadkar said:

“This is a day on which we can all be proud. We have experienced a very difficult three months as a nation as we isolated ourselves from friends, family, work and travel. However, today’s victory underpins Ireland’s place in the world; as a global island, with a clear and tangible ambition to play a central role in contributing to international peace and security. We look forward to working with our partners in the international community from all around the world to promote our shared values of peace, justice, and human rights”.
“We will do our utmost to make our two years on the Council as constructive and as effective as we can, acting as a voice for all who champion the peaceful resolution of conflict and addressing the drivers of conflict, drawing on the experiences we have gained from peacebuilding in our own part of the world.”

The Tánaiste and Minister for Foreign Affairs Simon Coveney TD said:

“This is a fantastic result for Ireland in what was a very tough contest between competitors who are friends, supporters of the United Nations system and who share many of the same values and principles.
“I believe that today’s result is a clear indication of Ireland’s standing internationally. This comes from almost 65 years of UN membership and a steadfast commitment to building peace and investing in conflict prevention. There has not been a day since 1958 when Irish peacekeepers did not serve under the UN Blue Flag. For this and many other reasons, the members of the UN have honoured Ireland by placing their trust in us to take a seat at the Security Council and to do our best to further the objectives of peace, conflict resolution and security for all of citizens of all the UN Member States. We will not betray that trust”
 

The Tánaiste added:  “I would like to pay tribute to so many whose support has led to today’s success, in particular, to the President of Ireland, Michael D. Higgins, who has played a key role. But this campaign has been supported right across the political spectrum, as well as by NGOs and civil society and I would like to thank all for that. A special thank you to former President Mary Robinson. Also to Bono, and John McColgan who extended all the help they could in helping us promote our campaign for election. Thanks also to my Government colleagues. And of course a special thanks to our teams here in Ireland, in New York – led so ably by our Ambassador, Geraldine Byrne Nason - and in our Embassies across the world, all who have made today possible. ”

ENDS
Press Office
17 June 2020

 

アイルランド、国連安全保障理事会の非常任理事国に選出

今夜、アイルランドは国連安全保障理事会の15理事国の一員(任期2021年~2022年)に選出されました。アイルランドは、自国が国連との活動においてもたらし、安全保障理事会での取り組みを推進する主要な属性として、「パートナーシップ」「共感」「独立」をテーマに選挙運動を展開してきました。

ニューヨークでの選挙結果発表を受けて、レオ・バラッカー首相は次のように述べました。

「 今日は私たち全員が誇れる日です。 私たちは国として、友人、家族、仕事、旅行から隔離された、非常に困難な3か月を経験しました。 しかし、今日の勝利は世界におけるアイルランドの地位を支持するものです。グローバル・アイランドとして、国際の平和と安全に貢献する上で中心的な役割を果たすという明確で具体的な野心を持っています。 私たちは世界中の国際社会のパートナーと協力して、平和、正義、人権の共有する価値観を促進することを楽しみにしています。」

「私たちは、理事会での2年間をできる限り建設的かつ効果的にするために全力を尽くします。自国における平和構築の経験を生かし、紛争の平和的解決を擁護し、紛争の推進者に対処するすべての人々の声として行動します。」 

 サイモン・コーヴニー副首相兼外務・通商大臣は次のように述べています。

「これはアイルランドにとって素晴らしい結果です。競争相手は友人であり、国連システムの支持者であり、多くの同じ価値観と原則を共有する同士でもありましたので、非常に厳しい選挙でした。」

 「今日の結果は、アイルランドの国際的な地位を明確に示していると思います。 これは、約65年間の国連加盟と、平和構築と紛争予防への投資に対する確固たる取り組みに由来するものです。 1958年以来、アイルランドの平和維持軍が国連旗(ブルー・フラッグ)の下で奉仕しなかった日はありません。 このことや他のさまざまな理由により、国連加盟国の皆さんがアイルランドを評価してくださり、私たちが全加盟国の全国民の平和、紛争解決、安全保障の目的を促進するために最善を尽くすこと、また、安全保障理事会の理事国となることに、信頼を寄せてくださいました。 私たちはその信頼を裏切りません。」

副首相は更に、「今日の成功につながった多くの方々のサポートに対し、特に、重要な役割を果たしてきたマイケル・D・ヒギンズ大統領に、敬意を表します。 しかし、この選挙運動は政治の枠を超え、またNGOや市民社会によっても支持されてきました。私はそのすべてに感謝いたします。 メアリー・ロビンソン元大統領に深く感謝します。また、ボノ、そして選挙運動の促進に最大限の支援をいただいたジョン・マッコルガンにも感謝いたします。 政府の同僚たちにも感謝します。 そしてもちろん、今日という日を実現させてくれた、アイルランドとニューヨークの私たちのチーム、特にジェラルディン・バーン・ネイソン大使と、世界中のアイルランド大使館に感謝します。」と述べています。

以上

アイルランド外務・通商省 広報局

2020年6月17日

 

Note for editors

  • Ireland joined the United Nations in December 1955.
  • Ireland has been on the Security Council 3 times. 1962, 1981-82, 2001-2002. https://www.dfa.ie/media/dfa/ourrolepolicies/unitednations/Campaign-Brochure-July-2018.pdf
  • Ireland announced its bid for a non-permanent seat at the UN Security Council in 2005 and officially launched its campaign in 2018
  • Since June 1958 not a day has passed without an Irish presence on UN peacekeeping missions in the world.
  • Irish personnel have carried out 70,000 individual tours of duty.
  • There are currently 471 Irish personnel deployed with UN Peacekeeping Missions.
  • Ireland is the largest per capita contributor to Peacekeeping in the Western Europe and Others Group (WEOG).
  • Approximately 13%, of our Defence Forces will serve abroad in any one year.
  • Brig. Gen. Maureen O’Brien, UNDOP acting Force Commander, is the second highest ranking female in UN peacekeeping.
  • In 1960, Fredrick Boland became the first (and only) Irish President of the General Assembly.
  • In 1968, Ireland was the first signatory of the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons.
  • In 2015, Ireland and Kenya co-facilitated the negotiations on the 2030 Agenda and brokered consensus on the Sustainable Development Goals.

補足

  • アイルランドは2005年に非常任理事国選挙への立候補を表明し、2018年より正式に選挙運動を開始しました。
  • 1958年6月以来、アイルランドは一日も欠かさず国連の平和維持活動に参加し続けています。
  • アイルランドはこれまで7万件以上の国連平和維持活動に参加しています。
  • 現在、アイルランドから471名が国連平和維持活動で任務にあたっています。
  • 人口に対する平和維持活動への派遣人数の割合は、「西欧その他」枠(WEOG)でアイルランドが最大です。
  • アイルランド国防軍の約13%にあたる隊員が海外での任務に就くことになっています。
  • 国連兵力引き離し監視隊(UNDOF)司令官代行であるアイルランドのモーリーン・オブライエン准将は、国連平和維持活動にあたる女性で2番目に高い階級についています。
  • 1960年、フレデリック・ボーランドがアイルランド初の(現在まで唯一の)国連総会議長を務めました。
  • 1968年、アイルランドは核兵器不拡散条約の最初の加盟国になりました。
  • 2015年、アイルランドはケニアと共同で国連の2030アジェンダ採択における交渉を進行し、持続可能な開発目標(SDGs)を取りまとめました。 

« Previous Item |