Cookies on the DFA website

We use cookies to give the best experience on our site while also complying with Data Protection requirements. Continue without changing your settings, and you'll receive cookies, or change your cookie settings at any time.

Visit by Minister Josepha Madigan T.D.

Ireland’s Minister for Culture, Heritage and the Gaeltacht Ms Josepha Madigan T.D. will visit Japan 13 to 17 March 2019.

Her visit is part of the annual global outreach by representatives of the Irish Government for Ireland’s national day, St. Patrick’s Day; this year Government Ministers will travel to more than 50 countries. Minister Madigan will meet with a wide range of important political, economic and cultural contacts while in Japan. She will also meet members of the Irish community and the many friends of Ireland who support the celebrations.

On 15 March, Minister Madigan will hold a bilateral meeting with her Japanese counterpart, Minister for Culture, Ms Keiko Nagaoka.

A number of meetings will be held with Irish trade and investment partners in order to strengthen Ireland’s bilateral economic relationship with Japan. Minister Madigan will also brief JETRO President Mr. Akahoshi, on political and economic developments in Ireland and Europe, including on the topic of Brexit.

Among her many engagements, the Minister will launch a promotional campaign of ‘Irish seafood and Guinness’ at AEON supermarkets, by Bord Bia/The Irish Food Board.

Looking forward to her visit to Japan, Minister Madigan said: Japan and Ireland enjoy very close and friendly relations. I look forward to advancing those ties and marking St Patrick’s Day with the Irish community in Japan and with our many Japanese friends. The ‘I Love Ireland Festival’ in Tokyo is the largest St Patrick’s Day celebration in the entire Asia Region”.

Welcoming Minister Madigan’s visit, the Ambassador of Ireland to Japan, Mr Paul Kavanagh, said: “this will be a wonderful occasion to celebrate the strong links we have with Japan in the cultural field and across many sectors. The recent EU-Japan Economic Partnership Agreement (EPA) opens many mutual economic benefits which the Minister will be in a position to promote”.

On Sunday 17 March, St Patrick’s Day, Minister Madigan will lead the 27th Tokyo St. Patrick’s Day Parade on Omotesando Avenue, Harajuku and attend the second day of the ‘I Love Ireland Festival’ in Yoyogi Park. In anticipation of the Irish team competing in the Japan Rugby World Cup, many Saint Patrick’s Day events this year will have a strong rugby component. St. Patrick’s Day, Ireland’s national day, attracts thousands of Japanese people. We invite everyone to join in with the celebrations in this special year!

3月13日から17日にかけ、アイルランドよりジョスィーファ・マディガン文化・伝統・アイルランド語地域大臣が来日いたします。

マディガン大臣の来日は、アイルランドのナショナルデー「セント・パトリックス・デー(3月17日)」を記念して毎年この時期にアイルランド政府閣僚が世界各地を訪問する活動の一環で、今年は50ヵ国以上に閣僚が訪問する予定です。マディガン大臣は来日中、政治・経済・文化と幅広い分野の重要関係先と会談します。また、在日アイルランド人コミュニティやセント・パトリックス・デー関連イベントの関係者の方々と交流の機会を持ちます。

 

3月15日、マディガン大臣は日本政府のカウンターパートである永岡桂子文部科学副大臣と会談予定です。

 

アイルランドと日本の経済関係強化のため、通商・投資分野における日本のパートナーとの会談も数多く予定されています。また、マディガン大臣は日本貿易振興機構(ジェトロ)の赤星康理事長を訪問し、英国のEU離脱問題を含む、アイルランド及び欧州における経済動向についてお話する予定です。

 

また、マディガン大臣は、アイルランド政府食糧庁とのタイアップで流通大手のイオンで実施されるアイルランド産シーフードとギネスビールの販売促進キャンペーンのオープニングイベントに出席します。

 

来日を前に、マディガン大臣は次のように述べています。

「日本とアイルランドは非常に密接で友好的な関係を築いています。この関係を促進し、日本のアイリッシュ・コミュニティの皆様や日本の友人の皆様とご一緒にセント・パトリックス・デーをお祝いできることを楽しみにいたしております。東京で行われる『アイラブアイルランド・フェスティバル』は、アジア地域全体において最大級のセント・パトリックス・デーのイベントです。」

 

マディガン大臣の来日を歓迎し、駐日アイルランド大使ポール・カヴァナは次のように述べています。

「大臣の来日は、文化をはじめとする様々な分野において私どもが日本の皆様との間で築いている強固な関係を祝う、素晴らしい機会となります。先月発効した日・EU経済連携協定(EPA)は双方にとって分野を超えた経済的利益を生むものであり、大臣はその促進をするところであります。」

 

3月17日、セント・パトリックス・デー当日、マディガン大臣は「第27回セント・パトリックス・デー・パレード東京」の先頭で原宿・表参道を行進します。また、代々木公園で行われる「アイラブアイルランド・フェスティバル」(第2日)に参加します。今年日本で開催されるラグビーワールドカップでアイルランドと日本が対戦するのを前に、今年のセント・パトリックス・デー関連イベントの多くがラグビーをテーマにしています。アイルランドのナショナルデーであるセント・パトリックス・デーは何千人もの日本の方々に楽しんでいただいております。この特別な年に、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

Notes For Editor

Five cities around Japan will light up monuments in green to celebrate our national day this year, including Shizuoka’s Ecopa Stadium, where Ireland will meet Japan in the Rugby World Cup on 28 September.

Karakoro Art Studio in Matsue (15 February-17 March), Ise Ohtorii (1-17 March), Shizuoka Stadium ECOPA (15-17 March), Yokohama Marine Tower (17 March), Norbesa Ferris Wheel in Sapporo (16-23 March) and Sapporo TV Tower (23 March)

Rugby host city, Fukuroi in Shizuoka, Sapporo and Hiroshima will hold inaugural St Patricks Day events this year, bringing the total number of celebrations around Japan to sixteen locations.

セント・パトリックス・デーを祝い、今年は全国5都市でグリーンライトアップイベントが行われます。ラグビーワールドカップ日本大会でアイルランドvs日本の会場となる静岡県のエコパスタジアムもアイルランドのグリーンに染まります。

            2月15日~3月17日 カラコロ工房(島根県松江市)

            3月1日~17日 伊勢大鳥居(三重県伊勢市)

            3月15日~17日 エコパスタジアム(静岡県袋井市)

            3月17日 横浜マリンタワー(神奈川県横浜市)

            3月16日~23日 ノルベサ観覧車(北海道札幌市)

            3月23日 さっぽろテレビ塔(北海道札幌市)

静岡県袋井市のフェスティバル、北海道札幌市と広島県広島市のセント・パトリックス・デー・パレードは今年初開催です。全国16都市でフェスティバルもしくはパレードが開催予定です。

| Next Item »