Skip to main content

Cookies on the DFA website

We use cookies to give the best experience on our site while also complying with Data Protection requirements. Continue without changing your settings, and you'll receive cookies, or change your cookie settings at any time.

Press Release: St Patrick’s Day in Japan 2018

On 16 February, Ireland’s Ambassador to Japan, Anne Barrington, launched the official programme of events for St Patrick’s Day in Japan 2018 at Tokyo’s Foreign Correspondents Club

Ambassador of Ireland launches St Patrick’s Day in Japan 2018

From Tokyo to Okinawa, Irish in Japan and Japanese friends of Ireland join the green celebration.
A great way to build on friendships in the lead up to 2019 Rugby World Cup year.

駐日アイルランド大使、2018年のセント・パトリックス・デー イベントプログラムを発表

東京から沖縄まで、街がグリーンに染まり、アイルランド人と日本人が共に楽しむお祭り
2019年のラグビーワールドカップ日本大会に向け、両国の友情を深める機会に

On 16 February, Ireland’s Ambassador to Japan, Anne Barrington, launched the official programme of events for St Patrick’s Day in Japan 2018 at Tokyo’s Foreign Correspondents Club. “Along with another popular Irish Holiday, Halloween, the celebration of Ireland’s national day has captured the hearts of Japan’s fun-loving people, and many events are planned around the country, throughout March”.

This year, events include 14 parades and festivals in a wide network of venues around Japan. In Tokyo on 17 & 18 March, a major 2-day event, the Ireland Japan Chamber of Commerce’s ‘I Love Ireland Festival’ in Yoyogi Park, will bring a wide offering of Irish culture, sports, traditional Irish food & drink, to visitors of all ages. On Sunday 18 March, Asia’s oldest and biggest St Patricks Day event, the Irish Network Japan Tokyo Parade, will wind its way down Omotesando avenue, with marching bands, musicians and dancers, led by the Parade Grand Marshal and invited Irish and Japanese VIP guests, including visiting Irish Government Minister, Mr Eoghan Murphy, the reigning Miss World Japan and of course, Saint Patrick himself!

The Ambassador welcomed the green illumination of two iconic sites in Japan this year, Ohtorii gate on Ise’s main thoroughfare from 1 – 18 March and Yokohama’s Marine Tower illuminated in green for the first time, on 10 March, marking the city’s close relationship with Ireland since its inaugural parade on Motomachi Shopping Street 14 years ago.

“This brings the number of green illuminations to 300 across the globe, including sites such as the Colosseum in Rome, New York’s Chrysler Building and Niagara Falls in Ontario, Canada”, the Ambassador said, “St Patrick’s Day is a worldwide celebration and I am delighted that our Japanese friends can join the party here and be ‘Irish for a day’!”

“St Patrick’s Day is a celebration of all things Irish and a great opportunity to build friendships and mutual understanding with our Japanese hosts. I hope that someday, many more of our fans in Japan will get a chance to visit Ireland and see for themselves the beautiful natural scenery which inspires our national colour and gives our country its nickname, ‘the Emerald Isle’!”.

“Meanwhile, I invite everyone to wear something green and join the fun, wherever they are in Japan. We are all preparing for 2019 and the Rugby World Cup when Ireland and Japan will meet as competitors on the pitch. And following that we will have the 2020 Olympics. I hope that St Patrick’s Day 2018 will be a prelude leading to even more exciting events in the future”.

ENDS

NOTE: Ireland’s national day, St Patrick’s Day, takes place on 17 March, and is named after the fifth-century saint who introduced Christianity to Ireland. St Patrick’s Day has been celebrated in Ireland for nearly 1,200 years, and in the United States for more than 250 years. Japan’s first St Patrick’s Day parade was held in Tokyo 26 years ago. Every year, millions of people around the world join the parades and parties and put on green clothes to celebrate this special day.

2月16日(金)、アン・バリントン駐日アイルランド大使は日本外国特派員協会で会見し、日本における2018年のセント・パトリックス・デー関連イベントプログラムを発表しました。バリントン大使は「セント・パトリックス・デーは、同じアイルランド発祥の祭日であるハロウィーンと同様に日本人の方々の心を捉え、3月の一ヵ月間に渡って日本全国で数多くのイベントが予定されています。」と述べています。

今年、セント・パトリックス・デーのパレードやフェスティバルが予定されているのは計14ヵ所。東京では、3月17日(土)・18日(日)に代々木公園で「アイラブアイルランド・フェスティバル」(主催:在日アイルランド商工会議所)が開催されます。アイルランドの文化、スポーツ、伝統料理や銘酒など、あらゆる年齢層のお客様にお楽しみいただけるお祭りです。また、3月18日(日)には原宿・表参道で「セント・パトリックス・デー・パレード」(主催:アイリッシュ・ネットワーク・ジャパン東京)が行われます。アジアで最も歴史の長い、最大規模のパレードです。グランドマーシャルを先頭に、ミュージシャンやダンサー、マーチングバンドなどが練り歩きます。VIPゲストとして、アイルランドのオーウェン・マーフィー大臣やミス・ワールド2017日本代表が参加予定。もちろん聖パトリックも!

また、セント・パトリックス・デーを祝って、今年は2つの観光名所がアイルランドの色に染まります。3月1日(木)~18日(日)に三重・伊勢大鳥居が、3月10日(土)には神奈川・横浜マリンタワーがそれぞれグリーンにライトアップされます。横浜マリンタワーでの実施は今回が初めてで、同日に開催される「セント・パトリックス・デー・パレード横浜元町」と合わせ、街を盛り上げます。

バリントン大使は次のように述べています。
「日本の2ヵ所を含め、ローマのコロッセオ、ニューヨークのクライスラー・ビルディング、オンタリオのナイアガラの滝など、グリーンにライトアップされる世界の名所は300ヵ所以上。セント・パトリックス・デーは世界的なお祭りなのです。日本の皆さんがご一緒に楽しんでくださっていることを嬉しく思います。皆さんも一日アイルランド人になった気分で、ぜひイベントにご参加ください!」

「セント・パトリックス・デーは、アイルランドにまつわる全てのものを祝う日であり、日本の皆さんとの友情と相互理解を深める素晴らしい機会です。アイルランドはナショナルカラーがグリーンで「エメラルドの島」というニックネームがあるのですが、これは私どもの国の美しい自然に由来するものです。願わくは、日本でアイルランドのファンになってくださっているより多くの方々に、アイルランドへお越しいただき、その自然を実際にご覧いただきたいと思います。」

「まずは、グリーンのものを身につけて、セント・パトリックス・デーのイベントにぜひお出かけください。また、2019年にはラグビーワールドカップ日本大会でアイルランド代表と日本代表の対戦がございます。そして2020年にはオリンピック・パラリンピック東京大会が行われることを楽しみにいたしております。2018年のセント・パトリックス・デーが、今後の更なる盛り上がりに繋がるものとなることを期待しています。」

以上

補足:
セント・パトリックス・デー(3月17日)はアイルランドのナショナルデーで、5世紀にアイルランドへキリスト教を伝えた聖パトリックにちなんだ祭日。アイルランドでは1200年以上に渡って祝われており、アメリカでも250年以上の歴史がある。日本では26年前に初めて「セント・パトリックス・デー・パレード東京」が行われた。毎年世界中でパレードやフェスティバルなどが開催され、グリーンを身につけるのがお約束となっている。

« Previous Item | Next Item »