Skip to main content

クッキー・ポリシー

当サイトでは、皆様が当サイトを快適にご利用できるよう、データ保護要件を順守したうえでクッキーを使用しています。

あなたが設定を変えずに当サイトのご利用を続けられる場合、あなたはクッキーを受け取ることになります。クッキーの設定はいつでも変更できます。

Ambassador of Ireland wishes everyone in Japan a Happy Halloween!

Halloween is an ancient Irish Celtic festival celebrating the end of harvest season

On 31 October 2020, Mr Paul Kavanagh, Ambassador of Ireland, invites everyone in Japan to enjoy the great, worldwide autumn harvest festival of Halloween which has its origin in Ireland.

He said “Halloween is an ancient Irish festival that in recent years has gone global. It is wonderful to see that it has found a home here in Japan. This is yet another sign of how our two countries connect through culture.”

“Halloween – or Samhain, in the Irish language, meaning summer’s end – was celebrated by the ancient Celts for many thousands of years. The end of the harvest was marked with a special festival of fires, feasts and pagan ceremonies.
According to ancient beliefs, Samhain is a time when the barrier between our world and the afterlife narrows, and the souls of the dead arise from their graves, wander the countryside and return to their homes. These souls take the form of ghosts, fairies, goblins and demons. Irish Celts would leave out food and drink to keep them happy. They dressed up in scary costumes to blend in with and disguise themselves from the demons. Christian beliefs came later in Ireland and somehow co-existed with many different beliefs in the supernatural and the festival continued in popularity”.
“With the great waves of emigration from Ireland over past centuries, Irish people in huge numbers brought this tradition to the United States and elsewhere, leading to its global popularity. In Japan too, people of all ages have embraced Halloween.
Halloween is still celebrated traditionally in Ireland and famous festivals in Derry, Meath and Dublin draw major crowds every year. Although challenges everywhere due to the current Covid-19 pandemic mean that experiences this year will be different on festival night, we can still enjoy the colour and fun of Halloween among families and friends, with many new and original projects.”

Also, don’t miss the special chance to see the latest animated feature film from the Oscar-nominated studio Cartoon Saloon, ‘Wolfwalkers’ on the big screen. This highly-praised new film opens in cinemas on 30 October.

Last but not least, on its social media platforms, the Embassy will introduce traditional Halloween games and recipes throughout the month of October. Please watch out for the Embassy’s new short video showing signs how our two countries culturally connect through Halloween which will be released over the Halloween weekend! Even if this year you must enter the spirit of Halloween at home and whether or not you are dressed up in a scary costume to avoid the wandering sprits who stalk the land, Oiche Shamhna shona, Happy Halloween, from Ireland, the original ancient home of Halloween.

ENDS

[Irish Halloween highlights in Japan]
Opening of Wolfwalkers
New animated film from Irish filmmakers Cartoon Saloon
https://child-film.com/wolfwalkers/

Gunma Flower Park: Flower Halloween
http://www.flower-park.jp/sp/event/article/no/656

Shinjuku History Museum: Koizumi Yakumo Wandering Ghost
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/news/100482/

Embassy social media campaign
Website: http://www.dfa.ie/japan
Twitter: https://twitter.com/IrishEmbJapan, https://twitter.com/IrishEmbJapanEN
Facebook: https://www.facebook.com/irelandinjapan

Embassy animated Halloween video
https://twitter.com/IrishEmbJapan/status/1320863528442445824

[Halloween events taking place in Ireland]
Spine-tingling festivals in the home of Halloween! As the land of ancient Celtic traditions, wailing banshees, haunted happenings, the creator of Dracula and tricks, treats and festivals galore, the island of Ireland is a bewitching destination at Halloween time. This year, digital media will play a major role in the island’s mix of memorable fright nights, with three of the biggest Halloween festivals planning to engage, entertain and bring supernatural surprises online:

Derry Halloween (28 October 2020 – 1 November 2020, Derry)
http://derryhalloween.com/
This event has become the most exciting Halloween celebration in Europe, with the readers of USA Today voting it as the number one Halloween destination in the world. Derry Halloween is now an unmissable, bucket list event, with people from around the world – not to mention the otherworld – flocking there to enjoy a spectacular festival fusing ancient myth and cutting-edge culture. The 2020 event will run from 28 October to 1 November and will have a strong community and digital focus under the theme of ‘The Awakening’.
This year, the city will be invaded by large-scale inflatable monsters, visible both during the day and night, banshee bike rides, several fireworks displays that will fire simultaneously and a First Light service with music and choral experiences. There will be plenty of online content too with Little Horrors kids’ storytelling and performances, ‘how to’ tutorials on costume, mask and broomstick making, pumpkin carving, face painting, SFX makeup, recipes and cocktails. Online storytelling, theatre and adult ghost stories will follow the festival theme, and there will also be Samhain Sessions – live music performances – and an online Kids Zone featuring arts, crafts and themed activities.

Bram Stoker Festival (30 October 2020 – 3 November 2020, Dublin)
https://bramstokerfestival.com/
The famous Bram Stoker Festival will once again bring fun and adventure to the Irish capital over the Halloween weekend of 30 October – 2 November as it delves into the legacy of the Dublin-born creator of Dracula. In a year when the stakes have been raised in unexpected ways, the programme for the 2020 celebration of all things Stoker will focus on interactive and fun experiences for all age groups, marking Dublin’s unique link to the author, the supernatural and Irish Halloween traditions. There will be tricks and treats for everyone, so vampires of all ages will find something to sink their fangs into from the comfort of their own castles or in Dublin itself. The full programme will be unleashed soon, so gothic fans of all ages are advised to keep their eyes peeled on the festival website and the Bram Stoker Festival social channels.
Background story of Dracula: https://bit.ly/3jw5bV8

Púca Festival (31 October 2020, County Meath and County Louth)
https://www.pucafestival.com/
At the inaugural Púca Festival last year thousands of people gathered at locations across counties Meath and Louth to celebrate Ireland as the original birthplace of Halloween. With a programme of events including a recreation of the symbolic lighting of the Samhain fires on the Hill of Ward, the festival lit up the darkness with fire, folklore, music, myth, light installations, and great food and drink. This year, celebrations will be virtual with a broadcast of the lighting of the Samhain fires on the 31 October and a celebration of the story of Halloween’s origins in Irish and Celtic traditions told through the Púca social media channels.

 

駐日アイルランド大使から日本の皆様へ、ハッピー・ハロウィーン!
~ハロウィーンは、収穫期の終わりを祝う古代アイルランド・ケルト人のお祭りです~

2020年10月31日、世界規模で祝われるアイルランド発祥の秋の収穫祭ハロウィーンへ、駐日アイルランド大使ポール・カヴァナが日本の皆様を誘います。

大使からのメッセージ
ハロウィーンは古代アイルランドのお祭りで、近年世界規模で祝われるようになりました。 それが日本でも「居場所」を見つけ、定着していることを喜ばしく思います。このこともまた、両国の文化的つながりの表れと言えるのです。

ハロウィーンは、アイルランド語で「夏の終わり」を意味するお祭り「サウィン(Samhain)」が起源です。何千年も前の古代ケルト人たちは、収穫期の終わりを焚き火、饗宴、異教徒の儀式で祝っていました。

古代の人たちは、サウィンを現世と来世を分ける境界が弱まる時と捉え、死者の魂が墓からよみがえり、地方をさまよって生家に帰ると信じていました。死者の魂は、幽霊や妖精、ゴブリン、悪魔などの姿をしており、彼らが家に戻ってきた時に機嫌を損ねないよう、当時の人々は食べ物や飲み物を出し、自らも不気味な仮装をして身を隠していました。後にキリスト教がアイルランドに伝わり、何らかの形で数々の超自然的思想と共存し、このお祭りの人気は維持されました。

そして、過去2世紀にわたるアイルランドからの移民に伴い、このハロウィーンの伝統がアメリカに伝えられ、世界的な人気へと発展することとなったのです。ここ日本でも、あらゆる年代の方々がハロウィーンを受け入れてくださっています。

現代のアイルランドでもハロウィーンは伝統に則って祝われており、デリー、ミース、ダブリンで開催される有名なフェスティバルには、毎年多くの参加者が集まります。今年は世界的な新型コロナウイルス感染症の流行により、例年とは異なるプログラムになることが見込まれますが、それでもなお、新たな試みとなる多くの企画により、家族や友人とともにハロウィーンを楽しむことができるのです。

また10月30日には、4度のアカデミー賞ノミネートに輝くアイルランドのアニメーション・スタジオ カートゥーン・サルーンによる最新作 映画『ウルフウォーカー』が公開されます。ぜひご覧ください。

最後になりますが、当館のソーシャルメディアでは、10月を通してハロウィーンの伝統的な遊びやレシピをご紹介しています。ハロウィーンの週末に配信を予定している当館の新しい動画にもご注目いただけますと幸いです。ハロウィーンを通したアイルランドと日本の文化的つながりをご紹介します。

今年は家でハロウィーンを楽しむことになるかと思います。地上をさまよう死者の魂から身を隠すため、怖い仮装をするかどうかはあなた次第。ハロウィーン発祥の地アイルランドから皆様へ、ハッピー・ハロウィーン!

以上


【日本におけるアイルランドのハロウィーン関連情報】
映画『ウルフウォーカー』(2020年10月30日(金)公開)
アイルランドのアニメーション・スタジオ カートゥーン・サルーンの最新作
眠ると魂が抜け出し、オオカミになる… 中世からアイルランドの町キルケニーに伝わるオオカミ伝説をもとに描いた物語。
https://child-film.com/wolfwalkers/

ぐんまフラワーパーク「フラワーハロウィン」(2020年10月10日(土)~31日(土))
アイルランド展やアイルランド音楽の演奏を含むライブイベントを通し、アイルランドの歴史や文化にふれることができます。
http://www.flower-park.jp/sp/event/article/no/656

新宿歴史博物館「生誕170年記念 小泉八雲 放浪するゴースト」(2020年10月10日(土)~12月6日(日))
アイルランドにルーツを持つ八雲の旅路や、彼が「ゴースト」と呼んだ放浪へと誘うもの ― 魂の戦慄を引き起こし、彼を創作へ掻き立てたもの ― に焦点を当て、創作の軌跡をたどります。
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/news/100482/


当館のウェブサイトおよびソーシャルメディア
ウェブサイト: http://www.dfa.ie/japan
Twitter: https://twitter.com/IrishEmbJapan, https://twitter.com/IrishEmbJapanEN
Facebook: https://www.facebook.com/irelandinjapan

アニメーション動画「アイルランド ハロウィーン発祥の地」
https://twitter.com/IrishEmbJapan/status/1320863528442445824


【アイルランドで開催される主なハロウィーンイベント】
ハロウィーン発祥の地では、背筋が凍るようなフェスティバルが予定されています。古代ケルトの伝統、人の死を察して悲嘆の声を上げるバンシー、幽霊による怪奇現象、小説『ドラキュラ』の著者、いたずら、お菓子、多くのフェスティバル。それらを有するアイルランド島は、ハロウィーンシーズンに訪れたい魅力的な場所です。今年はオンラインにて、後述の三大ハロウィーンフェスティバルがエンターテインメントや恐ろしいサプライズといった記憶に残る怖い夜をお届けします。

デリー・ハロウィーン(2020年10月28日~11月1日、デリー)
http://derryhalloween.com/
デリー・ハロウィーンは、アメリカの全国紙『USA Today』が実施した読者投票により、ハロウィーンに訪れたい場所世界No. 1に輝き、ヨーロッパで最もワクワクするハロウィーンイベントの地位をゆるぎないものにしました。そのため、古代の伝説と最先端の文化が融合した見事なフェスティバルを楽しみに、異界からの死者の魂は言うまでもなく、世界中から多くの人が集まり、今では「死ぬまでにしたい100のこと」に入るような必見のイベントとなっています。2020年は「目覚め(The Awakening)」をテーマに、地元コミュニティの強い結びつきやデジタルコンテンツを発信します。
また、今年のデリーには、空気を入れて膨らませた大きな怪物たちや自転車に乗ったバンシーたちが昼夜ともに押し寄せます。フェスティバルのしめくくりには花火が打ち上げられ、音楽や歌が披露されます。オンラインでは、お子様向けの控えめな怖い話の朗読やパフォーマンスの他、仮装・仮面・ほうきの作り方、かぼちゃの彫り方、フェイスペインティングの仕方、特殊メイク術、ハロウィーンレシピやカクテルに関するチュートリアルが行われます。朗読会、演劇、大人向けの怖い話は、フェスティバルのテーマ「目覚め」に沿った内容で、生演奏を含む「サウィン・セッション」やお子様向けのアート、工作、アクティビティも充実しています。

ブラム・ストーカー・フェスティバル(2020年10月30日~11月2日、ダブリン)
https://bramstokerfestival.com/
ハロウィーンの週末にはブラム・ストーカー・フェスティバルが開催され、小説『ドラキュラ』の著者ブラム・ストーカーの出生地ダブリンに興奮と冒険をもたらします。未曾有の事態の最中にある今年は、その著者やアイルランドの恐ろしいハロウィーンの伝統を記念し、あらゆる年代の方々にお楽しみいただける双方向のプログラムに重点を置いています。ゴシックファンの皆様、ブラム・ストーカー・フェスティバルのウェブサイトとソーシャルメディアにご注目ください!
ブラム・ストーカーとドラキュラについてはこちらから: https://bit.ly/3jw5bV8

プーカ・フェスティバル(2020年10月31日、ミース県・ラウス県)
https://www.pucafestival.com/
昨年初開催となったプーカ・フェスティバルでは、国中の多くの人がミース県やラウス県に集まり、アイルランドがハロウィーン発祥の地であることを祝いました。ワードの丘にて象徴的なサウィンの焚き火を再現し、暗闇を火で照らしたうえで、伝承、音楽、イルミネーション、食べ物や飲み物などに関するプログラムが展開されました。一方、今年は10月31日に、ソーシャルメディア上でサウィンの焚き火やアイルランド・ケルトの伝統におけるハロウィーンの起源をご紹介し、バーチャルでお祝いします。

【伝統的なハロウィーン料理】
バーンブラック
指輪など様々なものを中に仕込んで焼き上げた伝統的なハロウィーン用のフルーツケーキで、切り分けて食べた時に出てきたものでその人の運勢を占います。
記事:https://bit.ly/35Ab0Mx
レシピ動画:https://twitter.com/IrishEmbJapan/status/1319583664984915968

その他の伝統的なハロウィーン料理
記事:https://ippin.gnavi.co.jp/article-11543/

|